新着情報

                   

【男性必見】カラオケでモテる歌い方&選び方を教えちゃいます!

2019.11.29


画像引用元:写真AC

 

クリスマスパーティーや忘年会、新年会で盛り上がる場所といえば、カラオケですね。
これからの時期、カラオケでどんな曲を歌おうか悩んでいる方も多いはず。皆で楽しめて、さらに女性からの注目を集められる「モテ曲」を歌ってみませんか?
今回は、女子ウケしたい男性必見!モテ曲の選び方や歌い方のコツ、カラオケでモテるためのポイントをご紹介します。

 

【モテ曲を選ぶ時と歌う時のポイント】

 

画像引用元:写真AC

 

■自分の音域に合った曲を選ぶ

「このモテ曲なら間違いない!」と、いざ歌ってみても自分の音域に合っていなければ、せっかくの素敵なメロディーが台無しになってしまいますね。
カラオケでモテ曲を披露したいなら、まずは自分の音域を知って、その音域や声に合った曲を探すことが大切です。
高い声や低い声など、声の特徴は人それぞれです。様々な曲を聞き比べて、自分の音域に合っていると思える曲を選んでみましょう。
実は、カラオケに自信が持てず、ちゃんと音程が取れているか不安だから上手く歌えるように頑張ろう!と肩に力を入れすぎる必要なんてありません。
自分の音域や声に合った曲を歌うことで、歌を上手く聞かせることができるのです。
「上手く聞こえる曲」を選べば、女性からの好感度もあがり、注目を集めることでしょう。

 

■その場の雰囲気に合わせた曲を選ぶ

人数を集めてのカラオケは、誰もが楽しめるような雰囲気の中で盛り上がりたいですね。
女性ウケするモテ曲には、アップテンポな曲やバラードなどといった曲の種類が多くて迷ってしまうこともありますが、その場の空気に合った曲を選んで楽しみましょう。
例えば、
・皆が知っている有名アーティストの曲
・現在流行中、もしくはロングヒット曲
・歌詞の内容がわかりやすく、リズム感が良い曲
などがポイントです。こうした曲を選択することによって好印象につながります。
ただし、コアなアーティストの曲やハードロック、ヒップホップ、アニメソングなどは、一般的に女性ウケし辛いジャンルですので、避けておくのが良いでしょう。

 

■リラックスして歌う

歌を上手く歌うために大切なことは、緊張をほぐしてリラックスすることです。
いざ、歌うとなると喉に力が入ってしまって上手く声が出せず、悔しい思いをした人もいるでしょう。人前で歌う前はどうしても緊張してしまうなどと、カラオケを楽しめないことに悩む方も多いはずです。
モテる歌い方を目指すなら、リラックスする方法を知っておきましょう。
まずは、
・ストレッチをして筋肉の緊張を和らげる
・深呼吸して呼吸の乱れを整える
・動作をゆっくりとさせて気持ちを落ち着ける
・腹式呼吸でお腹から声を出す習慣をつける
などがあります。
上手く歌おうと張り切りすぎずに、少し失敗しても構わないから皆でカラオケを楽しもうというおおらかな気持ちでいることも大切です。

 

【カラオケでモテる人の条件】

 

画像引用元:写真AC

 

■率先して行動する

人数が集まってのカラオケは、人数分のドリンク・フードの注文や、座席の割り振り、部屋の照明や温度調節など手間がかかることがあります。
皆が気持ちよく、カラオケを楽しめるように手間のかかる仕事を率先して引き受けることで、統率力やリーダー力をアピールすることができます。
特に女性は、リーダーシップのある男性を好む傾向にあります。遊びの場としてのカラオケでも、細かい気遣いを見せておくことが好感度アップにつながります。

 

■気配りが上手

カラオケで歌うことに熱中するあまり、周りの状況に気を遣えないとなれば、たちまち印象が悪くなってモテることから遠ざかってしまいますね。
カラオケを楽しみながらも、上手に気配りできる男性がモテることに間違いありません。
例えば、
・グラスが空いている
・中身が少なくなっていれば次のドリンクの注文をチェックする
・空いたグラスをまとめておく
・フードを取り分ける
・コートやジャケットを脱ぐ人にハンガーを渡す
など、誰もが気持ちよく過ごせるようにサポートすることが大切です。

また、歌が苦手な人や引っ込み思案な人も楽しめるよう声をかけたり、オーダーしたい飲み物や食べ物を聞いてあげるなど、場の雰囲気を楽しくさせるための気配りも重要です。

 

まとめ

 
いかがでしたか?
カラオケで歌うとモテる曲、女性ウケする曲は数多くの種類がありますが、ポイントを押さえながら自分に合った選曲をして歌うことで、良い印象をもってもらえることでしょう。
さらに、上手く気配りをすることも忘れないでくださいね。
ぜひ、モテ曲を披露して素敵な振る舞いができるモテ男を目指してください。

ブログ一覧へ